FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その星は、絶望に包まれていた。だが、前途に光明を見出し、苦難の旅路に出る者たちがいた。その旅路の名は…


という事で、新作スパロボ公開です。
新作スパロボが出る度に稼働するブログって、どうなんですかね?w
また例によって話の展開などを考察してみました。

今回未視聴、未読のクロスアンジュとヤマトとZEROがあるんで、そこらへんを整理してみたので、かなりネタバレがひどいかと。
以下、壮絶なネタバレオンリーでお送りするので、大丈夫な人だけ見てね。

====




冒頭に「絶望に包まれていた」というように、地球が危機に瀕しまくってるんですよね。
もちろん、航海のVなので、舞台は外宇宙にまで及ぶわけですけど、そうするとずっとイスカンダル目指さないといけないんですが…。

参戦作品の中で地球が危機になったシーンだけ抽出してみました。

☆もうやめて!地球のライフポイントはとっくにゼロよ!
・クロスアンジュ
ラグナメイルという技術によって、「真の地球」は汚染され、男はドラゴンのような姿に。ラグナメイルが登場する500年ほど前には科学文明が発展。
アンジュ達がいる世界は、平行世界。

・宇宙戦艦ヤマト
遊星爆弾によって地球が放射能汚染。ヤマトはイスカンダルに向かってコスモクリーナーDを受け取りに行くという話。

・エヴァ
セカンドインパクト、サードインパクト(いつもの)

・真マジンガーZERO
甲児くんがマジンガーに取り込まれる度に、世界崩壊。その度にミネルバXがほむらちゃん化して世界を変える。

・鋼鉄の七人
コロニーレーザーで地球破壊作戦

・逆シャア
アクシズ落として寒冷化


ここまでが地球の危機に関するポイントでしょうか。

また、参戦作品を見ていると、もう一点、大事なポイントがあります。それは、「時間移動」です。
Voyageとは、もしかして時間渡航的な話にもなるんでしょうか?

☆いつか時間すら支配するスパロボがくるわ…
・エヴァ
破からQへ行く間に時間が15年ほど経ちます。

・クロスアンジュ
ラスボスであるエンブリオは、時間と空間を操作し、通常空間では死なず、1000年以上世界を操作しています。

・マジンガーZERO
ミネルバXがほむらちゃん。

・ガンダムUC
ネオジオング空間は、時間すら超越していたっぽい?

また、例によって平行世界についてもまとめておきますね。

☆今回の平行世界図
・フルメタ
オムニ・スフィアは平行世界のどこかにいるソフィアのささやきを聞くための装置。

・エヴァ
まだはっきりしてませんけど、Qは平行世界の可能性もあるとかないとか。

・クロスアンジュ
地球が二つあり、一つは死にかけ。

・マイトガイン
そもそもヌーベルトキオシティが二次創作物。ラスボスは三次元人を名乗る二次元の存在。

・閃光のハサウェイ
実は逆襲のシャアからは繋がらない。ベルトーチカ・チルドレンからしか話が続かないので、逆襲のシャアから見ると平行世界

[考察]
①時間移動しないと都合の悪い設定
プルとマリーダのような、作品間で設定がどうなるか心配のあるキャラクターがいますね。
マフティーに関しては、クェスをハサウェイが殺していないといけないので、ベルチルルートからチェーンさんに移動しないといけない。
こうした作品は、「時間移動しないと都合の悪い設定のある作品」ですね。

②過去に時間移動されると都合の悪い設定
逆に、時間移動が生じると困る作品もあります。参戦作品にSEEDがない種死や、テレビ版のない00です。これらは、未来に移動する分には特段問題にはなりませんが、PV上ではザフトのモビルスーツと戦っていたので、恐らく種死の話も消化するんでしょう。

③時間移動しないと困りものの作品
エヴァはまだ完結しておらず、Qの話に突入すると、落としどころがなくなります。これがZ3の最も悪かった部分であり、エヴァは未消化のイベントみたいな、悪い時代のいるだけ参戦のようなニュアンスがありました。そこで、Qのイベントを逆に序盤のスポットにして、13号機を敵、アスカとマリを自軍扱い、過去にさかのぼり、序からやり直してサードインパクトを阻止するくらいが、落としどころとしてはいいのではないでしょうか。
また、こうした発想に至った理由として、ミネルバXの存在があります。彼女はマジンガーによって世界が崩壊しないよう、何度も世界をループしています。ただ、この設定があるのは、「真マジンガーZERO」の話であって、厳密には「真マジンガーZEROvs暗黒大将軍」の中では登場しません。

④テーマとの相性について
テーマが「航海」となっているのですが、どう考えてもヤマトだけ航海の規模が大きくて、その割にマクロスとかの移民船系の話もなく、むしろ地球に固執する作品群ばかりです。
ヤマトのイスカンダルへの旅は、時間がものを言う話です。そのため、ヤマトが他の作品群の敵と悠長に戦っていられるほど、甘くはないです。
その代わり、恐らくイスカンダルから帰還するだけだったら、チューリップを使えば一瞬でしょう。ナデシコが参戦したのは、そうした理由からかも?

⑤平行世界は確実に存在する
クロスアンジュが平行世界ネタなので、確実に地球は2つ以上存在する。
クロスアンジュのA地球は戦争がなく、エンブリヲに支配された世界。B世界はラグナメイルの汚染によって、男がドラゴンになってしまう世界。
A地球に戦争がなく、ファンタジー路線なので、他の作品から完全に独立した世界。もしくは、オリキャラの世界になる。
B世界はかなり荒廃した世界であると推測できるので、そうした世界観に合致する参戦作品を配置。
また、荒廃していない世界もないと、マイトガインやフルメタ、UCの居場所がないので、そうした世界をC世界とする。

⑥総合すると?
A世界、B世界だけでは説明がつかないので、C世界も。C世界については時間経過が存在する?それぞれの世界の行き来は、シンギュラーポイントを介して割と容易に行えるようになる。C世界で時間遡行を行った後、何らかの理由から、A、B世界とも連結してしまう。

A世界…アンジュの世界。アンジュの王国があった世界。周りの世界がえらい酷い有様なのに対して、かなり平和。諸悪の根源であるエンブリヲがいる。
[作品]クロスアンジュ

B世界…アンジュのドラゴンがいる世界。文明崩壊直前。
遊星爆弾が飛び交い、ラグナメイルによって汚染され、生き残るために遺伝子操作したコーディネイターが作られる。議長はディスティニープランを提唱。一方残された人類からはイノベイターが自然発生。ヤマトが外宇宙に進出する頃、万丈の親父はメガノイドを生み出し、ガイゾックも外宇宙進出を阻止しにくる。最悪のタイミングでELSEが飛来、崩壊した地表にはインベーダーが跋扈し、かなりやばい地球。マジンガーがこの地に降り立つと、甲児くんはマジンガーに取り込まれそうになるし、暗黒大将軍が復活してたりする。ミケーネはこっちの世界の住人。
[作品]クロスアンジュ、宇宙戦艦ヤマト、SEEDディスティニー、劇場版00、ダイターン3、ザンボット3、真ゲッター、マジンガーZERO(ZEROだけ)

C世界1…C世界2から言うと、15年後くらいの世界。序盤の中心的世界。
宇宙世紀後半。サードインパクトによって強制的に戦争が終結した場合の未来。
戦争は半ば強制的に終了しており、一応形だけは平和。サードインパクトの影響でネオジオン戦争、木星帝国との闘いも中途半端に終了。平和そうに見えて、Z、ZZ、逆シャアなどで戦っていた主な人間のほとんどが消失。生き残った人間は少なく、サードインパクトを戦場で生き延びたのは、マリーダやブライトくらい。ヴィレがシンジ君を虐めてるくらいで、主だった戦争はないが、海は真っ赤で割と世界は不安定な状態。フォースインパクトを阻止するべく、ヴィレが動いている。ラプラスの箱の謎を追いかけていると、ハサウェイがグレる。そのまま、悲劇を回避するために、過去の過ちをマフティーが正すため、過去へ旅立つ。Z編の話はあるものの、ZEROはB世界。つまり、平行世界。
この世界出身者のみ、帰る手段がない。
ここの世界くらいしかまともな高校がない。
[作品]ユニコーン、閃ハサ、マイトガイン、真マジンガーZ編、フルメタ、エヴァQ(スポット参戦)

C世界2…初代の戦争末期。Z、ZZ、逆シャアあたりが全部含まれる。C世界1から15年くらい前。中盤の中心的世界。
ただし、闘いにケリはついておらず。エヴァの序破もこの時代。本来はサードインパクトが発生し、なし崩し的に戦争が終結する。今回は戦争を継続させてでもサードインパクトを阻止する。それゆえに、ネオジオン戦争や木星戦争、火星の後継者との闘いが継続され、ナデシコも存続する。
なお、サードインパクトの時に生まれた子供たちが、ウィスパードとなる予定だった。サードインパクトを阻止することによって、ウィスパードは生まれなくなる。この事から、C世界1は本来の姿から大きく変化することになる。
また、サードインパクトが発生することによって、火星の遺跡の機能が停止するが、サードインパクトを防ぐことによって、ナデシコがボソンジャンプを利用できるようになり、B世界において、ヤマトの航海を手助けできるようになる。
つまり、帰りは一瞬。

[世界ごとの関係]
○パターン1(全て同じ世界の時間が違うだけの話)
←未来                 過去→
A世界   B世界   C世界1   C世界2
この場合、全ての世界は繋がっているので、過去を修正することによって、一つずつ崩壊のシナリオがなくなっていく。

○パターン2(時間軸があるのは宇宙世紀だけのやつ)
A世界 ⇔ B世界 ⇔ C世界2
             ↓(過去)
            C世界1
この場合、過去を修正してもA世界、B世界には影響しない。ただ、C世界の状況が改善されることによって、A世界やB世界のどうしようもない状況を改善していくことができる。特にナデシコ。ナデシコがいることでB世界の外宇宙探索はかなり容易に。

○妄想
序盤はマイトガイン、UC、閃ハサ、フルメタのストーリーが消化されていく。エヴァQのシナリオはあっさり一話だけのスポット参戦。その後、ネオジオングとのバトルで、その場にいた人たちは過去に飛ばされてしまう。(ミスリルはエンブリヲと影でつながっているので、時間移動も容易にしてくる)
序破の使徒との闘いを経て、サードインパクトを阻止することに成功するも、戦争状態は続く。サードインパクトそのものはいつでも起こり得るので、エヴァの護衛も大事。
その時、上空からドラゴンが出てきたりする。色々調べてみると平行世界に移動できるゲートがあるらしい。それを通過すると、ファンタジーな世界に到着する。アンジュたちと合流しつつ、B世界の現状、ドラゴンの真実を知る。その後、B世界、C世界2の状況をよくするために戦い続け、最後はB世界のイスカンダルへと向かう。イスカンダルからボソンジャンプして地球に戻ると、全ての世界を融合させようとするエンブリヲの姿が…



とまぁ、長くなりましたが、妄想してて楽しかったです。
スパロボは参戦作品が航海された直後が一番いいですね。
ここまで読んでくれてありがとうございました。


追伸:
体調は割とましになった気はしますが、ずっと頭痛が続いていてしんどいですね…
なんとかならないものか…
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いこあす

Author:いこあす
しがないショタ絵描き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。